登記簿に明らかな誤記を発見した時(職権更正登記)

2017年07月05日の記事です

長い間 司法書士を していると

標題のようなことが ごく稀にあります

今回お話ししたいのは 申請する時点で誤っていたケースではなく

申請内容は間違っていないのに 法務局が間違えて 記載してしまったケースです

今回 ある県外の法務局に 相続登記の申請をして 無事完了して

完了後の登記簿謄本を みていると

おや 鹿児島市とすべきとこが 鹿児島県となっているじゃないですか

私が 誤って申請してしまったのかと

(こんな時は 法務局から間違ってますよー 補正してくださいって電話が来ますが

これは ごく稀ではなく たまにあります・・・)

申請関係書類を見直してみましたが そうではありませんでした

法務局が 間違ってしまったんですね

これ ごく稀にあります ホント稀ですが

裁判所の判決でもありますよ(この時は 公正決定なるものがでます 裁判所から)

裁判所の職員も 法務局の職員も 人間ですから そりゃたまには間違います

で どうすればいいかというと

電話して これ間違ってますよーって言えばいいだけです

そしたら 法務局が自分で きちんとした内容に書き換えてくれます

ただ 誤った記載の残骸も残りますが

「平成何年何月何日登記官の過誤につき何法務局長の更正許可」なる記載とともに

正式な標記が 記載されます

訂正後の登記簿謄本も 無料で送っていただけました

PS

人の過ちを指摘するときは 上から目線になってはいけません

自分も間違うことがあるのですから

なかにはすごーく偉そうに 指摘する人もいますが 人の底が知れます

(2017年07月05日の記事です)

中央駅一番街司法書士事務所
鹿児島県鹿児島市中央町24番地2 ひさながビル1階
TEL: 099-806-0707  FAX: 099-806-0808

少額訴訟~異議審で覆してなんとか勝訴した事案

2017年06月02日の記事です

以前は 裁判所にいくのは 債務整理関係である

過払いの裁判や破産・再生がらみが 多かったのですが

最近は 上記事案が減ってきたこともありますが

それ以外の 事案で行くことの方が 多くなってきました

昨日も 地裁の本人訴訟事案が2件

(過払い事件じゃないです 過払い事件のときは

裁判所の方の目が冷たいような気がします・・・)

簡裁の代理事案がありました

(これも 過払い事案じゃないです)

たまたま全部同じ日の午前中に期日が入ってしまいました

そんな こんなで 各種事案の裁判をすることが多くなってきているのですが

今般 標記の通り 何とか 勝てた事案がありました

争点は 原告の当事者適格でした(当方が 原告代理人です)

書証があるのですが 同書証記載の原告(法人格のない団体)の存在を裏付けるものが何もなかったのです

管理規約 定款 議事録 出資台帳 等の

法人格がない団体として 当事者となり得る条件(民事訴訟法29条)を満たしていることを立証するものが

なーにも なかったのです

で 原審では 負けてしまったのですが

(予め そうなりうることも説明していました)

その結果に納得いかず 原告さんが

各種方面に 必死こいて 上記書証になりそうなものを探してくれまして

・・でてきたんですよ むかーしの 規約が

団体構成員だった人の内 たった一人だけ 保管していたんです

これが契機となり 同規約に基づき 議事録等を作成し

無事 異議審で判断を覆し 勝訴となったのでした

(控訴と違い 同じ裁判官になることもあるのですが

今回は 原審と同じ裁判官が担当になりました)

裁判は訴えてみないと 相手の出方もわかりませんし

裁判官の心証もわかりません

が どんな依頼者の方も 自身に不利な状況に追い込まれないと

必死になっていただけないような気がします

(当然 勝てると思ってるから 訴え提起してくださいと

依頼されるのでしょうしね)

なぜ わざわざ少額訴訟するのか?

それは 少額訴訟債権執行という 執行事件をすることになれば

当職が 代理でできるからです

(以前もしたのですが 簡裁の書記官も 事案の少ない事件ですから

いやそうでした

当該異議審の事件番号も1号でした

マイナーな事件を積極的にお受けするのが 当事務所の売りですので )

そんな 少額訴訟をしてみたいという方からの

ご相談 お待ちしております

(2017年06月02日の記事です)

中央駅一番街司法書士事務所
鹿児島県鹿児島市中央町24番地2  ひさながビル1階
TEL: 099-806-0707  FAX: 099-806-0808

家族信託を有効活用するためにまずはご相談を

2017年03月02日の記事です

ここ最近 頻繁に耳にすることが増えてきている

「家族信託」という制度

今はまだ 鹿児島あたりだと実際に 信託契約締結までなさっている方は

少数だと思いますが

この制度 かなり有効に活用できるであろうことが 期待されています

司法書士業界も 制度の周知に 力を入れているようです

そういうわたくしも というか 当事務所も

この「家族信託」の活用に 力を入れているところです

今般 ロータリークラブで スピーチの当番がまわってきて

何を話そうかと 思っていたところで

福岡での司法書士の研修で テーマがこの「家族信託」だったので

「家族信託」をテーマに スピーチ原案を作成していたところ

鹿児島での司法書士の研修でも 「家族信託」を取り上げ

さらに 先日 NHKのクローズアップ現代でも 取り上げていました

・・・不思議なものです 引き寄せの法則でしょうか

東京などの都市圏では 保有資産が多い方などにつき

既に かなりの普及が進んでいる この「家族信託」

鹿児島でも これから 利用される方 利用した方が良いと思われる方が

増えてくるでしょう

しかし この制度 かなり難解ですし

個別のニーズを把握し それを反映させる 信託契約案を 作成するのも

様々な 専門的知識がなければ困難です

「家族信託」最近よく耳にするけど どんな制度なのか

気になっている方 一度 ご相談に お越しください

お待ちしております

(2017年03月02日の記事です)

中央駅一番街司法書士事務所
鹿児島県鹿児島市中央町24番地2 ひさながビル1階
TEL: 099-806-0707  FAX: 099-806-0808

新年のご挨拶

2017年01月05日の記事です

あけましておめでとうございます。

本日 1月5日が 当事務所の仕事始めとなります。

昨年来は 多数のお客様 関係者各位の方々 大変お世話になりました。

今年は 中央町19番街区の再開発に伴い 10月頃には 事務所移転することになりますが

(移転先は 中央駅一番街商店街内を予定しております)

それまで及び移転の前後を含め 通常通り業務を行いますので

本年も 何卒よろしくお願いいたします。

借金・過払い金

相続・遺産分割

会社設立・役員変更等

各種 ご相談 お気軽にお問い合わせください。

PS

本年の 当事務所のテーマですが

やはり根強く 決して払拭されることのない 皆様の意見である

「司法書士って 何する人なの?」

(司法書士にとっては 長年の課題らしいですが

ずーーーっと課題のまま 解決される兆しがみられない

個人的には 解決する気がないのだろうと思ってますが)

に 答えらるよう マーケティング活動に 励んでいきたいと思っております

現在 動画広告・ラジオ広告等 行っておりますが

新たな展開も 考えております

(2017年01月05日の記事です)

RIZAP続けてます(リバしてません)

2016年12月24日の記事です

私が RIZAPの基本コース(2か月間 16回のコース)を行ったのは

昨年の 4月からでした

そしていま 私は月2回の メンテナンスコースを受けに RIZAPに通っています

このメンテナンスコースは 基本コースを受けた会員のみが 受けれるコースです

ということで 現在の私のボディをみて

よく リバウンドしてないですね 全然と 言われますが

当然です その後も トレーニングと 適切な食事管理が習慣化されてますから

RIZAP前の だらけたボディになることは ありえません

(私は 自分に甘くありません かなり厳しいです )

何事も 物事を達成維持する秘訣は 習慣化することにあると思います

習慣化できれば 意思の力を そこまで必要とせずに 行うことができます

実行する前の 決断ができないからこそ 達成しえない

この決断こそが 達成できない人ができないことで

多くの力を 必要とするものではないでしょうか

痩せたい痩せたいといいながら 本気で痩せる決断ができない

現状に不満を抱えながら 本気で現状を変える決断ができない

決断ができないと 次の行動には進めません

RIZAPなんてものは 本気で痩せると決断しないと 入会できません

多額の費用を払うわけですから だからこそ 痩せるのではないでしょうか

本気で決断すれば(RIZAP風に言えば コミットです)

後は実現に向けて 時間とお金と労力を 投資していくのみです

(リスクをとるとも言います)

ノーリスク ノーリターンです

リスクを取らずに リターンを狙う そんな甘くはないですよ この世界は

楽して痩せようなんて 虫が良すぎるのです

はっきり言って RIZAPのトレーニングは かなりきついですよ

トレーナーに 追い込まれます でもだからこそ筋肉がついて 身体が変わるのです

ということで

今では RIZAP以外にも 週3回のトレーニングが 習慣になり

RIZAPの基本コース終了時よりも いい身体に なりました

RIZAPに通っているのは フィードバックのためです

さらなる筋力向上に向けて 精進あるのみです

(2016年12月24日の記事です)