生前対策でお悩みなら まずは気軽にご相談ください

2017年11月21日の記事です

先日 テレビで「家族信託」を取り上げていましたが

この「家族信託」 生前対策として 有効に活用することも可能ですが

そのためには「家族信託」についての深い理解と

その他生前対策である 生前贈与・任意後見・法定後見・財産管理等々の理解が欠かせませんし

税金についても 考慮しなければなりません

家族信託だけすればOKということも少ないです

ほかの例えば 任意後見契約だけしておけばOKということも 少ないでしょう

つまり 各種手続きを 各御事情に合わせて 活用する必要があるんです

それでも 何かをすることは 何もしないことに比べれば全然マシです

これで万全ということが理想ですが

自分には関係ないとは思わずに 一度 専門家にご相談することを考えてみてはどうでしょうか

家族信託・任意後見・遺言等は 早すぎてはダメということはありませんが

いずれの生前対策も 判断能力がある時期じゃないとできませんので

(遺言能力だけは 判断能力とはまた別です)

後で あの時しておけば良かったなんて思うことがないことを望みます

・・・

相続事件を多数取り扱っていると

相続人の方から 「遺言さえあれば」 この言葉よく聞きます

特に お子さんのいない 配偶者相続人の方からですね

兄弟姉妹には遺留分が無いので 遺言で配偶者に相続させるとしておけば

兄弟姉妹の相続手続き関与は不要となるのです

それがないばかりに 代襲相続人の甥姪がわらわらと

数次相続が発生して 芋づる式に当事者が増え なんてしょっちゅうあります

(2017年11月21日の記事です)


中央駅一番街司法書士事務所
鹿児島県鹿児島市中央町24番地2 ひさながビル1階
TEL: 099-806-0707  FAX: 099-806-0808