家賃滞納・居座る等の悪質賃借人にお困りの大家さんへ

2019年06月07日の記事です

当事務所ヘは、他の司法書士さんが多く手がける登記事件以外の

裁判事件等の一般事件のご依頼も多いことは、先週も書きました。

たまたま、先程「建物収去土地明渡等請求事件」判決が届きましたので、

今週は、不動産の賃貸借でお悩みの大家さん向けへのサービスについてです。

一度、不動産について賃貸借契約を締結すると、そう簡単には

立ち退き・明け渡しを行うことはできません(特に居住用不動産だと)。

これが、前提となります。

しかし、家賃を払わない、目的外使用を行う、近隣住民に迷惑をかける等の

悪質な賃借人をそのままにしておくこともできませんよね?

となると、まずは賃貸借契約を継続したまま、未納家賃を回収するのか、

利用態様の改善を促すのか、それとも、賃貸借契約を解除し、出ていってもらうのか、

のヒアリングを行わせて頂きます。

クライアントさんの意向を汲んだ上で、その意向を実現すべく事件を進めていくことになります。

どのような事件経過を辿るかは、千差万別ですので、だいたいこうなりますよとは言えないのですが、

最終手段としては、本件のように、明け渡しの判決を取得し、判決に基づき強制執行するしかありません。

因みに本件についても、本件判決まで多くの経過がありました。

まずは、賃料未納で相談にお越しいただき、賃借人と示談交渉を行い、

滞納賃料の解消につき、示談成立。しばらくは、入金あるが、支払いが滞る。

賃貸借を解除しても、新たな賃借人は期待できないということで、

滞納家賃の回収につき、裁判へ。賃借人と裁判上で、和解成立。

その後、またしばらくは入金あるも、また入金が滞る。

上記裁判上の和解調書に基づき、預金に対し差し押さえ。

口座にはヒットするも、残高数十円、しかも他の債権者と競合。

賃借人が他にも多数の未払い債務を抱えていることが判明。

このままでは、賃貸人さんが自分の相続人にも迷惑をかけると決断し、

本件判決取得となりました。

201906071hanketsu.jpg.jpg

不動産賃貸借関係でお悩みの大家さんからの、ご相談お待ちしております。

PS

賃貸借コンサルティングということで、

賃貸借締結前及び賃貸借締結時の助言及び法律相談・リーガルチェックの

ご依頼もお受けしております。

紛争発生を未然に防ぐという視点が、とても大事だと思っております。

(2019年06月07日の記事です)

中央駅一番街司法書士事務所
鹿児島県鹿児島市中央町24番地2 ひさながビル1階
TEL: 099-806-0707  FAX: 099-806-0808

日帰り徳之島裁判(土地明渡し訴訟)

2017年09月25日の記事です

先週 木曜日

徳之島簡易裁判所での 土地明渡訴訟の1回目期日出廷のため

日帰りで 徳之島に行ってまいりました

以前 過払いピーク時期ににも 徳之島簡裁管轄の

過払い事件が 何件かあったのですが

その当時は 私以外にも司法書士がいましたので

私が行くことは無かったのです

ところが 今は 私が行くしかないわけで・・・ということで

11時半ばの便に乗り 12時半前後徳之島空港着 そこからでレンタカーで30分前後かけて裁判所

裁判所で1時間程度 相手方不出廷のため 司法委員交えて 協議

4時前の飛行機に乗るため ゆっくりご飯を食べる時間もなく また同じ道をレンタカーで戻る

無事 5時前後には 鹿児島に着きました

初めての徳之島でしたが 2回目期日までに和解が整わなければ

また行かなければいけません・・・

もう少しゆっくりできれば 感じが違うのでしょうが

弾丸では 車から キレイすぎる海と のどかな田園風景を眺める程度しかできませんでした

・・・・・・・・・・

司法書士などからの通知に対して 真摯な対応をぜずに放置しておくと

いずれ訴訟になってしまう可能性が高まります

比較的訴訟事案の多い 当事務所でも別に訴訟がしたくてしてるわけではありません

訴訟に至るのは こちらからの通知に対して回答がいただけない 話ができないケースが多いです

できたら 任意交渉で和解による解決が望ましいのは当然ですが

専門家からの通知は無視しておけばどうにかなるとは思わないほうが良いでしょう

(2017年09月25日の記事です)

中央駅一番街司法書士事務所
鹿児島県鹿児島市中央町24番地2 ひさながビル1階
TEL: 099-806-0707  FAX: 099-806-0808